母の味

2014.05.07 Wednesday

0
    今朝NHKで「母ロス」の特集やってるのを掃除しながら、なんとなく見ていた。
    もし、母が亡くなったら、まず浮かぶのが母の料理だろうな、と考える。絶対まねのできない黒豆。(食べたことのあるママ友の間で密かにうちの母は「黒豆のおかあさん」と呼ばれている)


    子供の頃は、黒豆の価値がわからなかった。
    もう少し、普段の母の料理の中で好きだったものの中の一つに「ジャガミンスープ」がある。
    味を思い出しながら作ってみた。

    丁寧に取っただし汁を、酒、淡口醬油、みりんで関西風うどんのスープのような味付けをし、そこで挽肉(母は牛ミンチだったが私は合挽肉。どうでもいいけど「あいびき」って変換しようとするといつも「逢い引き」が出てくるのはなぜだろう。なんか色気ある肉ね)と茹でたジャガイモをつぶしたもの(小さく切ってそのだし汁で煮ると手軽)を入れるだけ。えのきが余ってたから足してみた。
    味付けには、最後にほんの少し生協の「白だし」を足してまたもや生協に助けてもらった。それだけでもおいしいけど、一応、自分の味にしたい。
    ・・てか、がんばっても母と同じ味にはならない。
    全く同じ材料で作ってもたぶん微妙に違うんだろうな。

    家族には普通に好評。しかし、別に好物まではいかないんだろうなという感じ。
    同じ味で育った姉は「なんかおうどんのスープにミンチとじゃがいも入ってるだけやん」と昔、言ってたな。

    ・・また、作ろっと。結構、リーズナブル料理よ。
    自分がその日食べたいものを作るのが一番おいしく、楽しく料理できる。

    母がまた送ってくれた唐揚げ。kurikuriが欠食児童のようにパクつく。

    どこの唐揚げ屋さんのより美味しいで。なじんだ味だからとかでなく、誰にでもどうぞって出せる。(って、私が作ったんでないので出せないが)

    来月には久々に唐揚げ作るかな・・

    焼き焼きそば

    2014.05.05 Monday

    0
      これが母の作った焼き焼きそば


      こっちが私の焼き焼きそば


      焼き焼きそばとは・・
      焼きそば大好きなので(関西人にはソース味が欠かせない)、昼食としてだけでなく夕食としてもしょっちゅう作る。栄養バランスを考えて、豚肉も野菜もたっぷり入れてね。
      しかし・・何ヶ月か前、kurikuriが「奈良ばーばの料理で好きなもの」というカテゴリーで「焼きそば」と言ったとき、びっくりした。あんまり母の焼きそばって印象になかったのだ。
      「なんか、麺にも焦げ目ついてるの。それがおいしい」と言う。

      電話して聞いたら
      「ああ、ちょっと手間やけどな^、別のフライパンで焼いといてなー」
      「中華あんかけ焼きそばみたいに?」
      「それ、よう、知らんわ」
      娘の好物を知らない母。ま、私にとって大人になってから好物になった外食メニューだからか。

      母は口頭での説明が限りなく下手なので(よく意外がられるが、私は母からまともに料理を習ったことがない。母は教えるということにとことん向いてない人なのだ)、奈良に春休みに里帰りした時に、目の前で実際に作ってもらった。
      野菜や豚肉をいためているのと別のフライパンに油をひいて麺を入れ軽くほぐしたら、しばらく動かさずに焼き付ける。
      ざっとひっくり返して両面、軽く焦げ目がつくくらいまで焼き付ける。(焼き色がついてからソースで味付けする)

      油を別で使うからカロリーも上がるし、洗い物も増えるので、めんどくさいっちゃあ、めんどくさい。あとでざっと混ぜるだけなので難しいことはないが。

      が、家でやってみたら「おいしい、おいしい、これ、これ!」とkurikuriにかなりウケるので、なるべく、これにすることにした。
      できるだけ、麺も太麺を買う。(個別包装になってるやつね)ほんのちょっと割高だけど、太麺の方が「ぼてぢゅう」を思い出して私としては、うれしい。(麺の太さはkurikuriはどっちでもいいらしいし、関東育ちらしく普通の細麺の方が、焼きそばという感じがするらしいが、ちょっと高い麺はちょっとおいしかったりするのはわかるらしい)

      ちゃんと別フライパンで麺を焼くときは「焼き焼きそば」と呼ぶことになった。リーズナブルなのに人気メニューとなった。


      ・・・今日は、家事、練習以外の時間に、今日こそはやるぞとしょっちゅう思っていたMacの雑用をがんばった。
      片付けもゆっくりだけど進んでいる。自分の捨てっぷりの威勢よさに「なんだ捨てられるではないか」と感心する時がある。今、その時期のようなので、どんどん片付けよう。



      7月30日のLINN-TETRAのライブの詳細はスケジュールのページです〜!

      ご予約はお早めに・・
      1