「どソロ」とは、これだ!

2017.03.04 Saturday

0
    ああ、また日々の生活とこれの更新が全然追いついていません・・
    一昨日、重度障害者施設での演奏のお仕事でやんした。
    その月のお誕生日の人をお祝いするお誕生日会でのコンサートということで、ハッピーバースデーだけは電子ピアノを弾いたけれど(職員の方々とみんなで歌ったから弾き語りとも言わんわなあ)あとは今回は全てヴァイオリン1本。
    暗譜で弾けるもの、みんなが聞いたことあるもの、メロディーがわかりやすく無伴奏でもどうにか成立するもの・・という条件で曲をチョイスしていった。
    何回か伺っている施設で、しかも前回と同じ病棟だったので、私のことを覚えていてくれて、本当に楽しみにしていてくれた人たちもいたそうだ。
    バイオリンのいいところは、ベッドのすぐ近くまで行けること。寝たまま使える車椅子(正式名称を知らないのだが、オーダーメイドの上半身が起こせるストレッチャー的な車椅子)で聴ける方ばかりでない。ベッドから出られない方もいる。その近くまで行って弾くとうるさいんではないかと最初は思ったが、うるさくないらしい。親御さんがいらしてた方がいて、「こんな近くまで来てくれて・・感動・・」とおっしゃってくれてありがたい気持ちになった。
    目の輝きが、曲がったままの手首の動きが、露骨に変わる。よく言われる「音楽の力」をこれほどストレートに感じることはない。もちろん、すこし障害の程度が軽めの方には顔全体の表情としてうれしそうなのが見えたりして、こちらも笑顔になる。
    こんな頂き物をしました。

    「小さいですが」と言われましたが、小さい方が荷物が楽です。
    手作りの小さな袋の中には私の大好きな入浴剤が・・

    この造花の花束は担当の職員さんが作ってくれたらしい。すごい。こういうこと、全然できないぞ私は。(自慢ではないが)本物だと猫たちがいるから家に飾れないので造花の、しかも小さい方がありがたいのでした。
    こちらが恐縮するくらい、お礼を言ってもらえる・・。
    こちらこそ、ありがとうございました。


    昔、バイオリンは一人(ストリングスではない)という編成の仕事のことを、ある先輩が「どソロ」の仕事だと言いました・・。
    今、思いおこせばそれは「ピン」のことであり、これが「どソロ」ですな。全くのバイオリン1本ね。

    バンドがやりたいと10代から夢見てきた「合奏」好きだけれど、この「どソロ」は仕事として、向いているなと思う。
    ずっと、全部の仕事が、どソロだと寂しくなるけれど、たまにはとてもよい。このさらけ出しの感覚・・。もっとがんばらなければ、と思える。

    でもでも家では一人じゃいやよ。

    うう、かわいいにゃ。腹モフに混ぜてもらおう・・

    〜お知らせ〜

    1/27、2/5のライブからの寄付、完了しました。詳細を近日中にアップします!


    TOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」もご覧ください。面白いです。

    〜みゅーじしゃんとしてのお知らせ〜
    HPのトップページから、LINN-TETRAのライブ演奏がアップされたYoutubeのページに飛べるようにしてもらえました〜。
    (初期モデルのスタインバーガー製エレキバイオリンでの演奏です)
    もし飛べないという場合はこちらをクリックしてみてください。


    修行じゃ!

    2016.12.18 Sunday

    0
      「忙しい」「疲れた」と、しょっちゅう言う人が嫌いなのでなるべく使わないようにしている。
      最近は「タイトに予定がつまっていたりやることがいっぱいある」時期で「体力不足を感じている」状態であります。

      ぷくく・・と笑っているそこのあなた!

      ・・・笑ってくれてありがとう。笑う角には福来る、です。私もへらへら笑って過ごそう。


      「修行じゃ!」

      ははーっ!
      ・・さて、ブログの更新が遅れていると、ネタがどんどん古くなりつつあります。
      遡りましょう。
      今日は千葉県でアコーディオントリオでした。
      (Facebookしている人は私がタグ付けされた写真を見てくださいな)
      クリスマス曲を中心にということで衣装も赤のドレスでした。
      アコーディオンとのデュオよりチェロが加わったトリオの方がやはり豊かで、楽しかった。

      帰り、乗せてもらった車からスカイツリーが見えたので撮ってみた。

      このあと、どんどん夕焼けがきれいになっていった。
      ・・・う〜ん、ルックス的にはやはり私は東京タワーの方が好きやなあ。

      2日連続でチェロとご一緒しております。
      昨日はがっこーの修了式&クリスマスコンサートでやんした。
      外部の先生をお招きして参加していただくというのがあり、チェロは谷村美智子さん。
      この写真は先月の授業の時に撮ったもの。

      先月会ったの、10年ぶりくらい。嘘みたい。でも全然そんな感じしなかった。相変わらずきちんとしていて髪の毛さらさらで、予想以上に熱心に取り組んでくれた。
      みっちゃんとは同じ関西人なので会うと二人ともすぐ関西弁になる。(しかも出身地が私の母のそれと同じ茨木市なので、関西弁の中でも一番近い感じ)
      3回くらい会えたのかな?昨日の本番は合間に話せたし、とにかく楽しかった。

      生徒のおかげでタイトルも作曲家名も聞いたことのないまったく知らなかったマニアックなバロックの曲に私も参加して勉強させてもらう機会となった。こんなことでもなければ、コテコテのバロック?を弾く機会なんてないのではないだろうか。なかなか新鮮であった。
      ヴァイオリンの生徒がうまくなったと褒めてもらえ、みなさんに講師としての仕事をねぎらってもらえたありがたい日となった。
      しかし、修了式が昨日ということは生徒は今日から完全な冬休みなわけね。うらやましいわ。
      私、今日の早起きに備えて忘年会にも出ず帰りましたよ・・。
      「体力が不足して」いるから。(もういいって?)

      あと1週間頑張れば、あとは大したことないっす。
      修行と思って頑張ればいいっすかね?ルイニーさん。

      「うむ」


      明後日、バンドのリハだ。やばいやばい。時間のない中、合間を縫うのも修行よね・・

      〜お知らせ〜

      HPのトップページから、LINN-TETRAのライブ演奏がアップされたYoutubeのページに飛べるようにしてもらえました〜。
      (初期モデルのスタインバーガー製エレキバイオリンでの演奏です)


      来年の1/27に都内で、2/5に横浜でLINN-TETRAのライブ、決定です。
      詳細はスケジュールのページに載っています。

      明日は神田においでませ〜

      2016.07.22 Friday

      0
        明日、7/23「神田麦酒祭り」の演奏箇所が増えました〜。夕方からしか空いてない方もいらっしゃいませ〜。


         ●15:00〜「YONA YONA BEER WORKS」(20分程度のミニライブ)

         ●16:00〜16:30 マーチエキュートライブ 
         千代田区神田須田町一丁目25-4
         
         ※雨天時は、マーチエキュート・ビル内にて。
         
         ●18:30〜「Jha bar」(20分程度ミニライブ)
         

        麦酒祭り・・・なんという魅惑のネーミング・・。

        全然減酒できない季節となりました・・
        ならば、開き直ってビールを美味しく楽しむ季節を味わおうではにゃいか!

        ・・・私がビール飲みにいくわけではないのでした。佐藤史朗(作・編曲・Aco.)さんのユニット「プラネタリウム」のメンバーとして出演します。
        終わったら飲めるかなあ〜。



        今日は涼しいにょ。

        すよすよ・・
        明日はまた暑さ復活みたいだから、ビールはより一層美味しく感じることでしょう。

        わたくし、涼しくても昼間はアイスクリーム(ジャンボチョコモナカとかジャイアントコーンとか庶民的なものだけど)、夜はビール(発泡酒だけどね)が毎日の常食。欠かせないものとなりましただ・・。

        欠かせないというと猫も欠かせませぬ。

        このちょっと見える腹毛のふにょふにょしたところを撫で回した挙句、顔をばふっと埋めます・・
        するとどうなるか・・?

        答え。
        毛だらけになります。

        それでもやめられない、「腹モフ」。猫と暮らしている人はおわかりでしょう・・。


        もっと、猫写真見たい方は、TOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」もぜひご覧ください。

        イベント、楽し!

        2016.06.04 Saturday

        0
          今日はお茶の水で、このようなイベントでした。

          6/4は「楽器の日」だそうです。「虫歯の日」くらいの認識でした。
          んで、佐藤史朗(作・編曲・Aco.)さんのユニット「プラネタリウム」のメンバーとしてライブに出演してきました。

          まずは「T’dining」というおしゃれなとんかつ屋さんでのミニライブ。
          店内がかわいい。

          左上のイラストの可愛いポスター、本日のご案内に可愛いブタちゃんが描かれています。


          ゆっくり飲みに来たい素敵な店内。
          ライブ後、とんかつをいただきました。

          普通のソースも置いてあるんだけど、器にカレーソースが入れて添えられているのです。
          かけてみた。見た目は普通のソースに見えるけど・・

          千切りキャベツにかけるもよし、あとでごはんにかけるのもあり、珍しい。
          ちゃんとしたとんかつ屋さんでとんかつをいただくって何年ぶりだろう。
          かなりお腹一杯になったのに、お客さんから頂いたこのメロンパン

          一口だけで抑えておいて勇気を出してお持ち帰りに・・
          軽くふわっと丸ごと1個食べてしまえそうな自分が恐かった・・
          スイーツは別腹って言ったって、パンよ、パン。
          ああ、美味しいものって危険・・

          ゆっくりランチさせてもらったあとは「ソラシティ」に移動。おお、こんなスペースあったのか。ひろ〜い。
          (って、写真ないんだけどさ)
          移動した時はちょうど宇崎竜童さんのステージでした。
          出番だった16時過ぎはちょうどものすごい風で、クリップを借りて譜面を譜面台に止めたものの、下からめくれ上がってしまったりして、ヴァイオリンが休みの2小節で後ろにおいてあったスマホを文鎮代わりに拾ってすばやく置いたり、開放弦の時に左手で譜面を押さえたり、なんか久しぶりの野外感・・。燃えるぜ。
          音の聞こえ方も室内と違うんだけど、そこに常に「譜面が飛んでしまうかもしれない」という不安のあるスリル感・・。
          久しぶりの感覚だったなあ。

          東京に来ているからということフルートの増田多加ちゃんが観にきてくれました。
          んで。青森のお土産をいろいろプ頂きました。うれぴー。

          たまたま通りかかった、知り合いの友達のヴァイオリニストが声をかけてくれたり、さらに知らない人が声かけてくれたり・・
          イベント感、というのはこういうことでも味わえる。
          その環境に慣れてきた頃に終わるイベント系ライブ。飽きる暇がないし、新鮮でよい〜。
          美味しいとんかつご馳走になって、差し入れいろいろいただいて、おまけに送迎してもらえて・・
          恵まれた日でございました。
          また、あるといいな〜。

          お留守番ありがとう。とらにゃ、来週はいっぱい遊ぼうね。

          もっと猫写真を見たい方・・
          地域猫問題だけでなく、被災犬猫の救護活動もがんばっているTOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」も、ぜひ、ごらんください。

          今日は給餌用フードを1・8キロ498円のを20袋注文して「かつらお動物見守り隊」に送りました。
          届いて写真撮ってもらったらまた載せますね〜。

          明日はお茶の水においでませ〜

          2016.06.03 Friday

          0
            明日は、無料で観られるイベントがありますのよ〜。

            詳細はスケジュールのページをごらんください。


            おしゃれなトンカツ屋さんと久しぶりに野外の会場の二箇所で演奏するのだそうだ。屋根はあるそう。ちょっとワクワク。

            うちの新しいアイテム。

            トラニャル、ワクワクしている様子。

            ・・でも、これちょっと小さい・・

            詳しくはまた後日・・。



            なんでも面白がる・・

            2016.05.21 Saturday

            0
              18日は神田錦町のイベントに佐藤史朗(作・編曲・Aco.)さんのユニット「プラネタリウム」が出演するということで参加させてもらった。アコーディオン、アコースティックギター(円山天使さん)、ヴァイオリンという編成。
              このビルというかエリアの1周年記念とのこと。めっちゃ綺麗でオサレなビル。テレビでみたことある、中庭的なテラスエリアにはサンドイッチの移動販売の車が止まっていたり、上はオフイス、1階はカフェなどの飲食店というパターン。ここいらのOLになりたいと思わせるオフィス街。
              その中のイタリアンのお店で2回、カフェで1回、短いライブをするというもの。
              私は飲食店での演奏は慣れてるし〜、まあ、かなり久しぶりだけど〜と何も考えないで行った。
              (20代は飲食店で演奏する仕事も多かった)

              1軒目は、サウンドチェックの時にテラスへの大きな窓が開いていて、風で譜面が飛ばされないようにクリップを用意するなど気をつけるだけ・・と思っていたくらい。本番は窓も閉まっていて、なんの問題もなく、楽しく演奏。
              と〜こ〜ろ〜が〜!
              2軒目のカフェが、場違い感、半端なかった。ディスコレベルの大音響で音楽が、ガンガンかかっていてクラブのように盛り上がっていて、この10分後、どのスペースで我々は演奏するのか?この大音量のBGMを消して演奏して、許されるものか?といった具合で、おかしくなってきて、にたにたと笑えてきた。
              外から見えるそのお店の厨房では、なぜか被り物をして料理している男性、セーラー服をきて盛り付けをしている女性・・謎。
              異空間具合にやっぱり笑えてくるのだが、笑ってはいけないのかもと(私の仕切りの現場でないから)おとなしくしていた。
              とりあえず、演奏スペースは用意してもらえて、近くにいた何人かのお客さんは聴いていてくれているという状況でのライブ。もう、おっかしいの、なんのって・・

              元のイタリアンのお店に戻ろうとお店を出ようとするとボールダンスのショーが始まるらしく、大音量でのDJ的な案内、そしてお客さんがごった替えしていた。
              「りんちゃんも次回はボールダンスで出るか」と史朗さんに言われて「お猿が下手な木登りしてるみたいになるけど?」と切り返してまるちゃん(ギターの円山天使さん)と笑っていた。

              来てみないとわからないというのがこういう企画物のこわいところでもあり、面白いところでもあり・・
              ・・・面白がってしまう。おっかしくてしょうがない、に感じる。年の功かいな。
              元のイタリアンのお店に戻ると妙に静かに感じた。(実際は賑わってるんだけど)何も気にすることなく、演奏に集中できて、気楽で楽しかった。仲介してくれた方や史朗さんは2軒目のやりにくさに気を使ってくれていたが、全然〜という感じだった。普段は静かなお店らしい。
              ヴァイオリンが入る曲を史朗さんがセレクトして演奏したわけだが、その中に「ラストニア」という史朗さんが舞台「ガラスの仮面」のために書き下ろしたケルトミュージックの要素を感じられる曲で、それにあるように同じようなフレーズが繰り返される。ケルト系のそれらは弾くのも聴くのも好きだが、なんていうかず〜っと弾いていられる快さがあって気持ちいい。
              ・・・ずっと弾いていられる・・という曲は私の曲にないな・・ずっと弾いていたらメンバー全員、死亡・・みたいな・・。


              このイベント、また6/4にあるみたい。(微妙に別場所のよう)また、こんなに気楽で面白いのかな。楽しみだにゃ。

              ・・てか、最近、「行ってみないとわからない」仕事ほど面白い。面白がれる明るい自分が幸せ。


              待ち時間にカフェラテ飲んだ。

              こういうの(ちょっとしたハートとかのアート)できるようになりたいなあ。プロントでバイトしたら教えてもらえるのかな。不器用なあまり、描けるようにならず、クビになるだろうか・・

              お、今日発見。クビにしなくてよくなったぞ。この猫トンネル。
              入り口を間違えなければ、トラニャルもちゃんと収まれるではにゃいか!

              「にゃにか?」

              いえ、いえ、ちゃんと活用してくれて嬉しいっすよ。

              活用といえば、私が活用仕切れなかったルンバを活用させてくれた話を載せてくれた地域猫問題だけでなく、被災犬猫の救護活動もがんばっているTOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」も、ぜひ、ごらんください。

              3/22のライブに来られなかったけれど寄付してくださる方、mill*linnko.net(*を@に変えてね)にメールください。振込先(Nyan-PEACEの口座)をお知らせします。
              寄付金額報告はこちらで5/31にアップする予定です。
              5/29の正午までにお振込を確認できた方は今回分、それ以降は次回のチャリティーライブ分としての受付とさせていただきます。

              ゴールデンウィークは、リハ その1

              2016.05.04 Wednesday

              0
                一昨日、うちで佐藤史朗(作・編曲・Aco.)さんのユニット「プラネタリウム」の中のさらにミニ・ユニットとして3人でリハでした。

                5/18と6/4に御茶ノ水方面に我々、出没するらしい。なんかイベントのお仕事。(詳細がわかってないけど一般の方が観られる模様。わかったらまたお知らせします)
                プラネタリウムは、しょっちゅうライブ活動してるユニットなんだけど、わたくしの参加は約1年半ぶり。
                まるちゃんのアコギが新鮮。ザクザクとした響きが久しぶりで気持ちいい。

                ・・・それ以前にニンゲンが面白い・・。

                ああ、この曲、弾いたな、とはっきり覚えている曲と、曲としてはとてもよく覚えているけど、弾いた覚えがいまいちない曲など、自分のリセット具合におののきながら、譜面(史朗さんの譜面はとても綺麗でわかりやすい)をせっせと目で追う・・。
                こちらはエレキでなく、生ヴァイオリンです。

                あ〜。譜面ヅラより、実際弾くと意外に難しいぞう。さらわねば。リラックスして弾けるようにね・・・

                「トラニャルお兄ちゃまったら、またそんなアラレもない格好で・・」

                リラックスしてる証拠だにゃ。


                エレキで弾きまくるLINN-TETRA チャリティーライブのおしらせです。

                結構、ロック!
                でも、ロックなんて普段聞いたこともないというお客様にも気に入っていただけたりしています。
                初めての方も安心してお越しください。
                お一人様でも大丈夫。
                でも、お友達と一緒なら、おしゃべりできて尚一層お楽しみいただけると思いますのでぜひ、お誘い合わせの上、お越しくださいね。

                お客さんの年齢層はかなり幅広いです。
                結構高めの方も多いほうかも・・。

                メンバーは、お馴染みの

                岸倫仔(E.Violin)
                沼直也(Drums)
                高山毅(Bass)
                SUNAO(Guitar)
                中道勝彦(Keyboard)

                です。

                BACK IN TOWN(新宿区・曙橋)にて
                5/17(火) 19:30 〜スタート!

                です。CD、チャリティー物販もあります。
                スケジュールのページをご覧ください。
                ご予約は、お早めにお店にお願いします。お早めだと「後ろの方」とか「なるべく前」「先に予約入れたらしい誰々さんと同じテーブル」などのリクエストにも出来る限り、お応えしてくれます。
                よろしくお願いします〜。


                また、来られないけど寄付してくださる方、mill*linnko.net(*を@に変えてね)にメールください。振込先(Nyan-PEACEの口座)をお知らせします。
                寄付金額報告はこちらで5/31にアップする予定です。


                寄付はタイムリー的には熊本かもしれませんが、動物の問題は、いつだって後回しにされているので、そのうち表沙汰になってくると思います。
                というわけで、今回も寄付先は福島です。こちらも解決してないので。
                バンドのライブ活動にチャリティーを取り入れることになった、おおもとのきっかけはこの方。
                TOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」も、ぜひ、ごらんください。

                ピアノ弾き語りとヴァイオリンの2役・・

                2016.01.22 Friday

                0
                  昨日は都内のある施設でのソロコンサートでした。
                  なんで、ソロかっていうと「予算」という事情。
                  終了後、作業の時間に作ったという入浴剤と手作りのカードをいただきましたの。

                  え?入浴剤って手作りできるの?びっくりぽんでしたわ。入浴剤、大好き。こんなに実用的なものをいただけたなんて2倍嬉しい。
                  1月のお誕生日会を兼ねているということで、ハッピーバースデーを演奏して欲しいということで、聞けば電子ピアノが借りられるというので、ヴァイオリン1本では、ハッピーザースデーは、しょぼいので、電子ピアノを借りることになっていた。
                  ディズ・・いえ、「ネズミー」とジブ・・なんちゃら(あと1字だけどさ)が通所者さんたちはお好きということで、そこからプログラムを組むべく、曲目を考えている時、ヴァイオリン1本で30分強というのでは聴いている人が飽きるかもしれない、と思って、ピアノでも演奏できるように2曲準備していった。

                  アナ雪のあの曲を右手でメロディー、左手で伴奏・・で成り立つように弾けるようにして、譜めくりしなくていいようにするために譜面を切り貼りして専用の譜面を作った。んで、弾けているようでも、つっかかっていてはコンサートにならないので(レコーディングと違って間違えてもやり直しできないからね)予定外に網練習することになった。
                  そして、練習途中で気づく。この曲、インストだとイマイチ、響かないんだった。こちらが歌っていた方が聴いている方も口ずさみやすいという今までの経験からわかる。よって、一緒に歌うことにした。
                  そしてジブ・・なんちゃらから「となりのト・・」なんちゃらも。
                  どちらもコンサートで何度も歌ったことはあったけれど弾き語りは初めてだと演奏を始めてから思い出したというか気づいて、なんかおかしくなってしまった。おかげで(?)笑顔で弾き語りできた。

                  ヴァイオリンとは便利な楽器で、通所者さんの近くまでいってそばで演奏できる。それがとても喜んでもらえた。
                  職員の方が喜んでくださったのはもちろんだけど、通所者さんが喜んでくれているというのがわかった。
                  視力は、「光の動きがわかる程度」の方が多いそうだが、聴力はみなさん、障がいがないのでは思われるとのこと。(お話ができない重度障害者の方なので検査手段もあまりないらしい)
                  音楽はストレートに届くとのこと。
                  すぐ近くに行くとその見えてないらしい目が輝くのがわかるのだ。表情というのが明らかに変わるのが、わかる。
                  「反応のわかりにくい方たちなんですみません」なんて職員の方が私に気を使って謝られていたけれど、全然。
                  ひさしぶりに「音楽の力ってすごい」と感じた日だった。(この文、それって「音楽の力」というのではないんでないの?と思われるところで使われることが多いと感じて結構使いたくない文だ)


                  控え室を用意していただいて、「心ばかりですが」とお菓子の飲み物も用意していただいた。

                  何かと気を使ってもらって恐縮。
                  (・・しつつ、やった〜、おやつだ〜しかもお持ち帰りしてあとで食べられる〜!と喜ぶヤツ)

                  ピアノ弾き語りとヴァイオリンの2役をやったことも喜んでもらえたが、何より私自身が「2役は飽きない」と思った。
                  前、ブライダルのお仕事でピアノとバイオリンの2役というのはやったことあったんだけどね。

                  ただ、難点もある。
                  ・・トラ(代わりの人)が、きかない・・笑。一度引き受けたら本番終わるまで怪我するのはもちろん、病気にもなれません・・。

                  このお仕事のご縁をくれた女友達とこの日は施設のわりと近くでランチして、その後、施設まで車で送ってくれた。

                  なんとご馳走してくれました・・
                  「これはお祝い」と・・ということでその、とある一件で、私は誰かになんかもらったとか、してもらったとか奢ってもらったとか一度もなかった。あとでじわじわと嬉しくなった。

                  いろんな人に気を使ってもらった日でした。
                  今日はやたら眠いけど(体力は急にはつかないのね)頑張りませう。
                  う〜ん、ごろにゃん、すりすりと君たちとずっと遊んでいたい・・



                  もっと猫の写真がいっぱい載ってるTOKUさんのブログ
                  にゃんにゃん猫にゃん
                  も、ぜひご覧ください。


                  Nyan-PEACEのチャリティーコンサートは3/22(火)です。
                  現段階で決まっている詳細はスケジュールのページをごらんください〜。
                  フライヤーにも飛べるようにしてもらえました。

                  ネットでのチケット販売開始しました。
                  このページからお申し込みください。
                  また、出演者からもお買い求めいただけます。
                  全席自由席です〜。
                  手作り感満載のチケットだけど、経費削減のため・・お許しを。
                  どこかの通販サイトのように即日発送とはいきませんが、お振込を確認次第、なるべく早く郵送するよう頑張りたいと思います。

                  コンサートの本番の中身は素晴らしいから!!
                  ・・・まだ曲順最終結論が出せず、悩み中。

                  ちょっとパリまで・・行けたらいいが・・

                  2015.10.12 Monday

                  0
                    久しぶりにわりと大人数のストリングスのスタジオだった。なんかあまりにも手荷物が少なくて忘れ物をしてないか、変にどきどきした。あまりにも身軽だ。身軽だが、下北沢での乗り換えが小田急線が地下にもぐってから、京王線から遠くてめんどくさい。せっかくもぐったり上ったりするから、と帰りに下北沢で途中下車してひさしぶりに「アンゼリカ」で大好きな「みそパン」と更に久々にカレーパンを買った。


                    甘えて膝から降りないルイニー。

                    はいはい。お留守番の時間が丸一日でなくても甘えたいのね。

                    スタジオ仕事のたびに、なんか忘れているような・・と思っていたのだが、この記事のアップを忘れていた!!
                    (と、思い出した。)長いから、おヒマな方、おヒマな時に読んでね。

                    ちょうど1年ほど前の8月、ここにも書いたが、ある映像に音楽をつけるというお仕事で、コンペ作品のため、予算がないので私にきたという嬉しい話だ。私一人で曲を作ってそれを弾いた。
                    3、4枚目のアルバムでありえないほどお世話になったエンジニアの須藤ちゃんが紹介してくれた。
                    映像クリエーターの藤本ツトムさんは、その必要がないくらいイケメンで(余分な情報だね、はい)、昨年の映像はすばらしく幻想的な「Water Moon」という作品だった。
                    「ASVOFF7」というもので、毎年、ヨーロッパ、アメリカを中心に500作品程の応募があり、約70作品がパリのポンピドーセンターで上映されるとのこと。
                    なんと、昨年はそこに選ばれて、ポンピドーで上映されたそうだ!
                    (ちょっとパリに見にいく・・というわけにもいかず、私はそこを見ていないけど)

                    ご好評につき、今年も、音楽を依頼された。
                    ・・・嬉しい話だったが、かなり詰まっていた時期だった。
                    音楽劇「ライムライト」の旅と旅の間の1日しか私ができる日がないということで、さらに須藤ちゃんの予定と考え合わせてその日の深夜に録音、となり、たまった家事の合間に映像を見て、何時間かで作るしかない・・
                    印象に残ってしまうようなメロディーのはっきりしたものでなく、効果音的なもの、そしてありきたりでないもの・・というオファー。須藤ちゃんなどは「即興でいけるでしょう」と楽観的に笑う、
                    今年は明るい、爽やか系かと思いきや、幻想的な場面が挟まるもの・・。
                    どのようなものが求められていないか、というのはわかる。即興が合うというのもわかるけれど、映像にばっちり合わせたいという意地?が私にはあり、即興なようで、緻密に計算されたものを作りたいと一度思うと作曲に関しての妥協はしたくない。
                    ・・ということをうだうだ考える間も無く、なんか浮かぶだろうと掃除の合間にMacの前に楽器持って座り込み、ちょろっと弾いてまた片付けたり掃除したり、次の日からの旅の準備をしたり・・という日だった。
                    別現場で大人数のストリングス録音を担当してきたという須藤ちゃんがかけつけてくれてうちから比較的近いスタジオで(明日が早いということをご配慮いただいたのでした)深夜スタート。
                    予想以上に喜んでもらえて、嬉しかった。
                    須藤ちゃんに「天才的ですよね、こういうの」とまで言ってもらえた。(天才でなくて天才的というところが非常によい。笑)
                    好きなようにイメージしたとおり曲を作って好きなように弾いて喜んでもらえて自分も楽しい・・・制約は長さ(分数)だけ。
                    こんな夢のような仕事が世の中に存在して、それを私がやらせてもらえた。シアワセ。
                    長い作品だと(今日のスタジオのように映画まるまる1本分とか・・比べるには規模が違いすぎるな・・汗)だとこうはいかないだろう。

                    今年も選ばれたとしても「ちょっとパリまで」観に行くわけにはいかないが、選ばれるといいなあ。
                    そして来年もまたやらせてもらえますように・・・

                    猫の写真がいっぱい載ってるTOKUさんのブログ
                    にゃんにゃん猫にゃん
                    ぜひご覧ください。

                    〜お知らせ〜
                    出演者の拠ない事情により、12/4のNyan-PEACEのチャリティーコンサートはやむなく延期となりましたが、日程が決まりました。
                    来年、3/22(火)です。
                    現段階で決まっている詳細はスケジュールのページをごらんください〜。


                    〜後日談〜
                    今年もパリ上映、決定したそうです〜
                    1